歯科衛生士

Top >  歯科衛生士とは >  歯科衛生士(しかえいせいし)とは?

歯科衛生士(しかえいせいし)とは?

歯科衛生士(しかえいせいし、Dental Hygienist)とは


歯科治療の際に、器材やカルテの管理、

歯科医師が診察を行う時の補助をする人の事を指します


また、歯石を取り除いたり、虫歯や歯周病にならない

ための予防処置も行ないます


歯科衛生士歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の

国家資格になっています


歯科衛生士法では女子のみにしか許可していない資格でしたが

現在は男子も資格を持つ事が出来ます


しかし、多くの衛生士養成専門学校短期大学の衛生士養成科では

男子の入学を許可しているところが少ないです


しかし近年、大学の歯学部課程に歯科衛生士養成コース

新設されており男子学生も在籍しています


歯科衛生士は、医療業務をすること出来ませんが

歯科医師が治療を行う際に、なくてはならない存在です

そのため、需要も多く社会に求められる人材でもあります


それでは、これ以降はもう少し詳しく歯科衛生士の事について

説明していきます


【このサイトへ来られた方へぜひ見てもらいたい情報ページです】


■日本にはどのくらいの歯科衛生士がいるの?


■歯科衛生士の年収はどのくらい?


■どうやったら歯科衛生士になれるの?


■では実際に求人募集先を探してみましょう!


しっかり情報を蓄えてぜひ、あなたの夢を実現して下さいね

陰ながらこのサイトはあなたを応援しています^^


-----------------------------------------------------------------------------------


■日本にはどのくらいの歯科衛生士がいるの?


現在、就職している歯科衛生士の数は約8万人です

10年前の調査で約5万人だったため、約1・5倍も増えたことになります


また、歯科医師の数は約9万人です

歯科医師1人に対して2人の歯科衛生士が必要と言われていますので

これは、歯科衛生士の人材が不足しているという事です


需要が多いということですね

日本歯科衛生士会


■歯科衛生士の年収はどのくらい?


民間病院などで働く歯科衛生士の平均年収は約300万円前後だそうです

また勤務先や経験、雇用形態、給料形態により大きく異なります


しかし、人材不足という観点から見ても、

安定した職業で将来性が期待されるお仕事です


■どうやったら歯科衛生士になれるの?


歯科衛生士になるためには、

指定の専門学校などで、専門課程を修めたあと

歯科衛生士の国家試験を受験し、合格しなければいけません


現在、専門学校短期大学での養成課程が一般的ですが

歯科医療の高度化、多様化に伴い、

大学課程(歯学部口腔保健学科等の名称)や

大学院課程(修士課程のみ)もあります


歯科衛生士になるためには、まずこういった大学専門学校の情報を

いくつか取り寄せて勉強する必要があります


病院側で経営している大学専門学校などは

そのまま就職して、仕事することも可能です


では、その情報の取り寄せ方ですが

今はネットから簡単に資料を取り寄せる事が出来ます


一番の情報量を誇るのは「リクルート進学ネット」です


サイトに入ったら

@画面真ん中左の「気になる資格を調べる」をクリックします


A画面下の「歯科医療」をクリックします


B「歯科衛生士(国)」をクリックします


最後に所在地を選んで「検索」ボタンを押してください


各学校の画像写真下の「まとめてリストへ」ボタンで

気になる学校を選んで、資料まとめて請求してみましょう


この段階は、あくまで資料集め(情報収集)なので

他の地域の資料取ってもいいと思いますよ


■では実際に求人募集先を探してみましょう!


歯科衛生士の活躍出来る場所はたくさんあります

人材自体も不足しているので求人は比較的多いです


ただ、探した後にまた良いのが出てくる事もあります

そこで、ある一定に条件を設定して、あなたにあった

最適な求人募集をお知らせしてくれるサービスを利用しましょう


求人募集も情報収集の一環として、GOODです

ケア人材バンク」などで探す事が出来ます


まずは、画面真ん中の「キーワード検索」のボックスで

検索してみてください


また、希望の求人が無い場合は

画面左上の「お仕事紹介に登録」ボタンから

無料会員登録します


その際、いろんなご希望条件を入力出来ますよ


登録しておけば、求人が出た瞬間にメールで知らせしてくれますよ

こういった細かな情報収集が後々必ず役立ちます!


これで、あなたに最適な求人情報を受け取る事が出来ますね

ぜひ、いろいろ検討してあなたに合った職場を見つけて下さいね!

リクルート進学ネット【歯科衛生士】

         

歯科衛生士とは

関連エントリー

歯科衛生士(しかえいせいし)とは?